※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

南椎尾調整池【茨城県桜川市】

南椎尾調整池 利根川水系

この記事では南椎尾調整池の、

  • ダムの場所
  • ダムカード情報
  • ダムのフォトギャラリー
  • ダムのスペック

を紹介しています。

スポンサーリンク

南椎尾調整池(茨城県桜川市)

堤高27.4m
堤頂長400m
ダムの目的A:かんがい用水
ダムカードなし

こんにちは、今回は南椎尾調整池(みなみしいおちょうせいち)の紹介をしていきます。

南椎尾調整池は茨城県桜川市にある、関東農政局が管理しているロックフィルダム。1991年利根川水系霞ヶ浦に建設されました。

場所は、茨城県桜川市です。

参照:Google マップ

DamMaps:南椎尾調整池【2999】

ダムカード情報

南椎尾調整池(茨城県桜川市)のダムカードは、作成・配布しているとの情報はありませんでした。

茨城県のダムカード配布場所は、こちらからどうぞ!

≫茨城県のダムカード配布場所一覧

南椎尾調整池のフォトギャラリー

南椎尾調整池の左岸

左岸から見た堤体の様子で、ダムの型式はロックフィルダムです。高さが27.4mなのに対して、長さが400mなので横長の堤体になっていますね。

南椎尾調整池の上流側

左岸から見た上流側の様子。ロックフィルダムということで岩が敷かれています。

南椎尾調整池の天端

こちらは天端の様子で、歩きでのみ行くことができますね。

南椎尾調整池の洪水吐

左岸には洪水吐があり、自然越流式の洪水吐になっていました。

南椎尾調整池の導流部

導流部の様子は、こんな感じです。

つくし湖の風景

こちらはダム湖の様子で、名前は「つくし湖」。ダム湖の水は、霞ヶ浦から送られ一旦貯水されたあと、茨城県南西部に送水され農業用水などとして供給されているそうです。

南椎尾調整池の流入口

こちらは放流口で、ここから茨城県南西部に農業用水などを送水していると思われます。洪水吐からダム湖を周回する道路を、反時計回りで進むと見えてきますね。

南椎尾調整池の放流口

こちらは霞ヶ浦用水の流入口で、筑波トンネルを通り霞ヶ浦から水が送られてくるそうです。

夕暮れの南椎尾調整池

上流側から見た堤体の様子。夕暮れになり、薄暗くなってしまいました。

ダム下の様子はこんな感じで、ダムの周辺には田畑が広がっていますね。

南椎尾調整池の石碑
南椎尾調整池の説明板
南椎尾調整池の説明板

ダムの周辺には、石碑や案内板があります。

最後に

今回は南椎尾調整池の紹介をしました。

南椎尾調整池は、霞ヶ浦から送られた水を一旦貯水する役割があるダムです。春には、きれいな桜が咲くそうですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

≫南椎尾調整池のダムカードについてはこちらから

参照:Google マップ

ダム関連記事

≫茨城県のダムカード配布場所一覧

茨城県のダム

御前山ダム
御前山ダム
竜神ダム
竜神ダム
十王ダム
十王ダム

南椎尾調整池のスペック

ダム名南椎尾調整池
型式ロックフィルダム
所在地茨城県桜川市
河川名利根川水系霞ヶ浦
ダムの目的A:かんがい用水
堤高27.4m
堤頂長400m
提体積563,000㎥
流域面積1.3k㎡
湛水面積12ha(0.12k㎡)
総貯水量560,000㎥
有効貯水量522,000㎥
ダム管理者関東農政局
本体施工者前田建設工業・三幸建設工業・ピーエス三菱
着手年1983年
竣工年1991年
ダム湖名つくし湖 (つくしこ)
ダムカードなし
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました