※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

宮川ダム【福島県大沼郡会津美里町】

宮川ダム 阿賀野川水系

この記事では宮川ダムの、

  • ダムの場所
  • ダムカード情報
  • ダムのフォトギャラリー
  • ダムのスペック

を紹介しています。

スポンサーリンク

宮川ダム(福島県大沼郡会津美里町)

堤高42m
堤頂長288m
ダムの目的F:洪水調節
A:かんがい用水
ダムカードあり

こんにちは、今回は宮川ダム(みやかわダム)の紹介をしていきます。

宮川ダムは福島県大沼郡会津美里町にある、福島県が管理している重力式コンクリート・フィル複合ダム。1962年阿賀野川水系宮川に建設されました。

場所は、福島県大沼郡会津美里町です。

参照:Google マップ

DamMaps:宮川ダム【0504】

宮川ダムのダムカード

ダムカード情報

配布場所
会津宮川土地改良区 事務所

配布時間
8:30~17:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

※ダムに行った写真などの証明が必要とのことです

※新宮川ダム・栃沢ダム・二岐ダムのダムカードも、同じ場所で配布していました

参考外部サイト:水土里ネット会津宮川 ダムカード

福島県のダムカード配布場所は、こちらからどうぞ!

≫福島県のダムカード配布場所一覧

宮川ダムのフォトギャラリー

下流側から見た宮川ダム

下流側から眺めた、宮川ダム。重力式コンクリートダムとアースダムが合わさった、複合ダムになっています。

宮川ダムの堤体

こんな感じで、左岸はアースダムになっていますね。

宮川ダムの減勢工

こちらは、減勢工の様子です。

宮川ダムの放流口

減勢工の下流には、放流口のようなものが見えますね。

宮川ダムの天端
宮川ダムの天端

こちらは天端の様子ですが、立入禁止になっていました。

宮川ダムの上流側

上流側から見ると、こんな感じです。右岸には、取水設備と思われるものが見えますね。

宮川ダムの石碑

最後に

今回は宮川ダムの紹介をしました。

宮川ダムは、重力式コンクリートダムとアースダムの複合ダムでした。新宮川ダムも近いので、あわせて見学するのもおすすめですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

≫宮川ダムのダムカードについてはこちらから

参照:Google マップ

ダム関連記事

≫福島県のダムカード配布場所一覧

近くのダム

宮川ダムのスペック

ダム名宮川ダム
型式重力式コンクリート・フィル複合
所在地福島県大沼郡会津美里町
河川名阿賀野川水系宮川
ダムの目的F:洪水調節
A:かんがい用水
堤高42m
堤頂長288m
提体積134,000㎥
流域面積40.8k㎡
湛水面積17ha(0.17k㎡)
総貯水量1,562,000㎥
有効貯水量1,489,000㎥
ダム管理者福島県
本体施工者間組
着手年
竣工年1962年
ダム湖名
ダムカードあり
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました