※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

千五沢ダム【福島県石川郡石川町】

千五沢ダム 阿武隈川水系

この記事では千五沢ダムの、

  • ダムの場所
  • ダムカード情報
  • ダムのフォトギャラリー
  • ダムのスペック

を紹介しています。

スポンサーリンク

千五沢ダム(福島県石川郡石川町)

堤高43m
堤頂長176.5m
ダムの目的F:洪水調節
N:流水の正常な機能の維持
A:かんがい用水
ダムカードあり

こんにちは、今回は千五沢ダム(せんござわダム)の紹介をしていきます。

千五沢ダムは福島県石川郡石川町にある、福島県が管理しているアースダム。1975年阿武隈川水系北須川に建設されました。

場所は、福島県石川郡石川町です。

参照:Google マップ

DamMaps:千五沢ダム【0515】

千五沢ダムのダムカード

ダムカード情報

配布場所
千五沢ダム管理所

配布時間
月曜日~金曜日 9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)

参考外部サイト:福島県 千五沢ダム再開発事業

福島県のダムカード配布場所は、こちらからどうぞ!

≫福島県のダムカード配布場所一覧

千五沢ダムのフォトギャラリー

下流から見える千五沢ダム

下流側から見た、千五沢ダム。ダム下には、広場が整備されています。

広場から見た千五沢ダム

ダム下の広場から見ると、こんな感じ。千五沢ダムでは、治水機能を付けるための再開発事業が行われ、現在の姿に改築されたそうです。

千五沢ダムの洪水吐
千五沢ダムの洪水吐
千五沢ダムの洪水吐

こちらが、改築された洪水吐の様子です。ラビリンス型洪水吐と呼ばれ、特徴的なデザインになっていますね。

改修前の千五沢ダム
改修前の千五沢ダム
改修前の千五沢ダム

以前はラジアルゲートが3門あり、赤く塗られているのが特徴的でした。

右岸から見た千五沢ダム

右岸から見るとこんな感じで、堤体とダム下の広場がよく見えます。

天端から見た千五沢ダムの下流側

こちらは天端から見た様子で、放流しているのがよく見えますね。

千五沢ダムの天端
千五沢ダムの天端

天端の様子はこんな感じで、歩きでのみ行くことができました。

母畑湖の風景

こちらはダム湖の様子で、名前は「母畑湖」。訪れた日は、風もほとんどなく静かな感じでした。

千五沢ダムの上流側

左岸の上流側から見た様子で、岩が敷かれているのでロックフィルダムのようにも見えます。向かって正面に見える茶色の屋根の建物は、千五沢ダムの管理所ですね。

高台から見える母畑湖の風景

右岸には展望広場があり、千五沢ダムを眺めることができます。向かって左側に取水塔、右側に洪水吐が見えます。

千五沢ダムの説明板
千五沢ダムの記念碑
千五沢ダムの説明板

最後に

今回は千五沢ダムの紹介をしました。

千五沢ダムは、再開発事業が行われラビリンス型の洪水吐が特徴的でした。開放的なダムで、見学もしやすいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

参照:Google マップ

ダム関連記事

≫福島県のダムカード配布場所一覧

近くのダム

千五沢ダムのスペック

ダム名千五沢ダム
型式アースダム
所在地福島県石川郡石川町
河川名阿武隈川水系北須川
ダムの目的F:洪水調節
N:流水の正常な機能の維持
A:かんがい用水
堤高43m
堤頂長176.5m
提体積347,000㎥
流域面積111k㎡
湛水面積88ha(0.88k㎡)
総貯水量13,000,000㎥
有効貯水量10,800,000㎥
ダム管理者福島県
本体施工者清水建設・青木あすなろ建設・あおい
着手年-年
竣工年1975年(2023年)
ダム湖名母畑湖(ぼばたこ)
ダムカードあり
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました